梅干しの驚くべき効能!熱中症予防や風邪予防にも効果あり?

日本人に取って馴染みの深い、梅干し。

梅干しとして一般家庭の食卓に並んだのは江戸時代だそうです。

昔から、梅干を食べると医者いらずとも言われています。

梅干しの驚くべき効能と気になる熱中症や風邪予防の効果などもまとめてみました。

Sponsored Link

梅の効能

umebosi

梅にはミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは人が健康を維持するための大切な栄養素で、不足すると身体はバランスを崩し、いろいろな病気を引起すと言われています。

みかんやりんご、ぶどうよりも多く、カルシウムは「医者要らず」と言われているりんごの4倍で鉄分は6倍も多く含まれています。

そして、マグネシウムや亜鉛も梅の実のほうが多く含まれています。

梅の、すっぱーい酸味成分のクエン酸は乳酸や疲労物質を燃焼させてくれます。

これは疲労回復や老廃物が貯まるのを抑える効果がありますので、腰痛や肩こりを和らげ、老化防止にも役立つのです。

ここまででも、素晴らしいのですが、さらにこのすっぱさが唾液の分泌を促して、食欲増進させてくれるので、夏バテ防止にもなります。

そして、梅はアルカリ性食品のため、偏りがちな食生活で酸性化しがちな血液を中和させ血液サラサラにしてくれるのです。

血液やリンパの流れが良くなることで、抵抗力や免疫力がアップします^^

そのクエン酸の素晴らしさはそれだけではなく、殺菌、除菌効果に優れている点です。

昔から、おにぎりやお弁当に梅干しが入っているのは理にかなっているのですね。

これらの効能を知ることで、できるだけ食生活に取り入れてみたいと思うようになうと思います。

毎日梅干しを一つ食べるだけで、健康に役立つのですから、是非取り入れたいものです。

ただし、梅干しには塩分が入っていますので食べ過ぎには注意しましょう^^

Sponsored Link

熱中症の予防に役立つ?

最近の夏の暑さ、驚異的だと思いませんか?

記録的な猛暑が続き、冷房無しではもう生きられない状況ですね。

スポーツをする若者や、暑さを感じにくくなっているお年寄りにとって怖いのは熱中症です。

水分補給という面では広く知られていますが、汗で失われてしまう塩分やミネラルの補給までは考えがいかない人も多いようです。

そこで、スポーツドリンクはミネラルと塩分、そして水分を効率よく摂取できることで認知されてきています。

しかし、スポーツドリンクよりももっと効果的なのが、ジャジャジャ~ん!

やはり、梅干しです。

梅干しには疲れを分解するクエン酸、ブドウ糖、塩分、ミネラルがたくさん含まれているのです。

朝ごはんで食べたり、おにぎりに入れることで、殺菌作用もありながら、熱中症も防いでくれます。

炎天下での行事やスポーツをする時、体調が悪い時の外出などは、飲み物と一緒に梅干し一つ持ち歩くことをおすすめします。

風邪予防効果は?

梅に含まれているクエン酸の効能は絶大です。

風邪の予防には殺菌や除菌効果の梅を食べること効果的です。

そして喉の調子が悪い時は梅干しを潰しお茶に入れてうがいします。

そして、免疫力アップの効果もあるので、風邪からも守ってくれますよ~

毎日の生活に梅干しを一つ取り入れるだけで、知らずしらすに健康な身体を作ってくれるなんてすごいですね。

梅干しのパワーを確認すると意識も変わってきます。

是非、取り入れて見てくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ