インフルエンザに感染した家族がいる時の外出!発症後何日目がいいの?

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_s

家族から感染してしまっているのを知らず、潜伏期間に外出してしまい、もしも自分がインフルエンザの菌をばら撒いてしまうことになっては大変です。

沢山の人に迷惑をかけてしまいます。

インフルエンザに感染した家族がいる時の外出はその家族が発症後、何日くらい経てばいいのでしょうか?

Sponsored Link

インフルエンザにかかったらいつまで外出禁止?

インフルエンザのウィルス排出期間は発症5日間とされているので、発症(高熱が出てから)5日以上かつ48時間以上平熱というのが目安になっています。

一つの基準として、「学校保健安全法」があり、インフルエンザの出席停止の日数について決められたものがあります。

この基準によると「インフルエンザの発症から5日間かつ解熱後2日間」が出席停止の期間になっているんですね。

すなわち、この期間を経過しなければ感染力がまだあるということです。

この基準が一般的になっていますので、学校を休むときや職場を休むときの目安にするといいですね。

病院で投薬を受けてすぐに解熱したとしても最低5日間、もしも熱が長引いても熱が下がってから2日間は必要ということです。

熱が出ている期間が一番感染力が強いのですが、熱が下がって元気になってもすぐにはウィルスが絶滅していません。

熱が下がったとしても2日間はおとなしく自宅で休んでいましょう。

Sponsored Link

インフルエンザに感染した家族の外出は何日位?

インフルエンザにかかってしまったときはもちろん外出はできないのですが、その家族はどうすればいいのでしょうか?

インフルエンザの潜伏期間は16時間から5日ぐらいです。

インフルエンザにかかった家族が軽快してからおよそ7 日間は、外出はなるべく避けてください。

とは言っても発症していないので、職場や学校に行く時などは外出する際はマスクを着用し、こまめに手を洗ったりうがいをし、予防することが大切です。

会社によってはまれに、家族がインフルエンザになったら出勤停止の体制のところがありますので、不明な場合は会社の上司に確認しましょう。

インフルエンザは発症前からウィルスを排出してしまいます。

家族はインフルエンザがうつらないように気をつけながらも、自分がウイルスをまき散らすことにならないように気をつける事が大切です。

特に、外出先にインフルエンザにかかってしまうと重症化したら大変なことになるような乳幼児やお年寄りなどがいる場には、出かけないほうがいいかもしれませんね。

「もしも自分が感染していたら?」ということを念頭において行動することが大切です。

まとめ

インフルエンザは伝染病です。

もしも家族は感染してしまったら、それを広げないように心がけることが大切ですよ

1週間くらいは家の中でも隔離してほかの家族にうつさないようにするといいと思います。

インフルエンザが治ったかどうかはっきり分からない時は、「インフルエンザの発症から5日間かつ解熱後2日間」という基準に沿って行動しましょう。

正しく手洗い・うがいやマスク着用をして、自分の身を守ると同時にインフルエンザを広げないようにしましょうね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ