明治神宮初詣の混雑状況は?待ち時間や最寄り駅は?

f680d81b2f8640832c2e8f3b3fcd426c_s

明治神宮は初詣の参拝者数が日本一の人気の神社で、毎年300万人以上が訪れます。

300万人とは、お正月三が日の参拝者の人数なんです。

沢山の人たちが明治神宮に向かうわけですから、その混雑ぶりは大変です。

そこで、少しでも混雑をさけることができるポイントを抑えておきましょう。

待ち時間や最寄りの駅の情報をまとめてみました。

Sponsored Link

明治神宮の混雑状況は?

明治神宮の初詣の参拝客が300万人と言ってもピンとこなかも知れませんが、すごい人数です(^^ゞ

大阪市の人口が約250万人ですので全員来ても足りません(*_*;

実際に明治神宮の初詣に行ったことがないとその混みようは想像もつきませんね。

早い方は31日の午後9時頃から並んでいるようです。

東京近郊の方は紅白歌合戦やゆく年くる年のテレビを見ながら年を越して、その後初詣の出かけるパターンが多いです。

その時間は電車も混みあい、ギュウギュウ詰めのまま明治神宮に向かうことになります。

山の手線も大晦日は終日運転しています。

明治神宮の待ち時間は?

大晦日から元旦にかけての待ち時間はおよそ2時間前後です

年明け後の午前3時ころまではおよそ3~4時間は並ぶと思います

これは原宿駅に着いてからお賽銭箱の前にたどり着く大体の時間です。

この時間帯はとても寒く、動きも遅いために身体が冷えきってしまいます。

待ち時間を覚悟して、しっかりと重ね着したり、使い捨てカイロなどを持参するなど寒さ対策を忘れないで下さいね。

せっかくの初詣で風邪を引かないように気をつけて下さい。

先ほど午前3時までは混むとお話しましたが、その第一弾の後の4時から8時までの時間帯は待ち時間がかなり少なくなります。

大晦日は終日開いていますが、元旦は19時に閉門します。

午後からですと15時以降が人もだいぶ減ってきますのでおすすめの時間帯です。

明治神宮への最寄り駅は?

明治神宮には入り口が3つあります。

原宿口(南口門)

JR山手線「原宿」駅
東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前(原宿)」駅

代々木口(北口門)
JR山手線「代々木」駅・都営地下鉄大江戸線「代々木」駅・東京メトロ副都心線「北参道」駅

参宮橋口(西口門)
小田急線「参宮橋」駅

原宿から行ける正門は本殿までが一番近くその分一番混みます。

他に代々木駅から近い北口門、参宮橋から近い西口門があります。

特に参宮橋側の西口門は一番空いているので小田急線を使って行かれる方にはおすすめです。

入口は違いますが、本殿前で合流します。

まとめ

明治神宮の初詣を友達とワイワイ混雑をあえて味わいたいのでしたら、元旦のカウントダウンもいいかもしれません。

しかし、少しでも混雑を避けたいのであれば、時間帯やルートを考えてしっかりと計画してからお出かけくださね。

コメントを残す

サブコンテンツ