親族の結婚式の服装は!?男性のネクタイ選びポイントまとめ!

sikiju

親族の結婚式の服装って迷いますよね。

年頃になってくると兄弟や、従兄弟、友人、会社関係の結婚式に出席することも多くなってきます。

正しいマナーを身につけて、気持ちよく出席したいものです。

男性の場合、目立つのはネクタイです。

結婚式のネクタイ選びのポイントもおさえておきましょう。

Sponsored Link

親族の結婚式の服装は?

普段スーツを着ている男性でもいざ親族の結婚式となると、どこに気をつければ良いのか分からないと思います。

まずはスーツから見ていきましょう。

su-tu

スーツ選びのポイントは?

やはり洋服には流行があります。

50代~上の方ですと黒のダブルのスーツに白いネクタイが一般的でした。

実は黒いスーツに白いネクタイというのはほぼ日本だけの着こなしです。

世界的に見るとおかしな格好のようです。

しかし、最近は違ってきています。

黒のダブルスーツは少々野暮ったく、葬儀のイメージもあり若者には人気がありません。

確かに見ためもスッキリなので、シングルスーツを選びましょう。

色は黒っぽい色、ダークグレー、ネイビーなどが人気です。

特に若い方ですと、ダークグレーやネイビーがおしゃれかもしれません。

無難にいきたいのであれば、黒、チャコールグレーがいいでしょう。

細い線であればストライプが入っていてもいいですね。

それでは普段とどう変えればいいのでしょうか?

実は本来のスーツスタイルというのはベストを着た三つ揃えが基本です。

どんどん簡素化されてきて、ジャケットとパンツのツーピースが主流となってきていますが、やはり親族の結婚式ともなればスリーピーススタイルの方がエレガントです。

su-tuuu

普段はなかなか着ませんが、ベストを中に着るだけで、雰囲気はがらりと変わります。

正礼装や準礼装まではいきませんが、略礼装だとしても、きちんとした印象になるのです。

シャツ選びのポイントは?

シャツの色はやはり白がいいでしょう。

普通の襟でもいいのですが、”ウィングカラー”だとよりベターです。

蝶ネクタイのイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

wing

普通のネクタイをしても、これまたエレガントで結婚式にはよりふさわしいスタイルになります。

カフスはダブルカフスがいいのですが、そこまで気にしなくてもいいかもしれません。

おしゃれな方にはおすすめします。

Sponsored Link

ネクタイ選びのポイント

色は白っぽい色かシルバー系が無難だと言われています。

生地自体光沢のある素材を選びましょう。

レジメンタルストライプ(斜めストライプ)を選ぶ人も多いようですが、実は避けたほうがいいようです。

一般的に海外の方はレジメンタルストライプのネクタイは避ける傾向があります。

アメリカの大学や連隊のネクタイもレジメンタル・タイなので、フォーマルにはふさわしくないと考えられているようです。

新しく買うことを考えているのでしたら、シルバー系の無地またはドット柄や小紋柄がおすすめです。

komon

靴は黒のストレートチップ

suto

ストレートチップの靴とはつま先の部分に横に縫い目のついた靴です。

そして、つま先の部分は光沢のある革を使っています。

冠婚葬祭や就職活動などにも使えて、きちんとした印象を保てますので、一足あると便利ですね。

ポケットチーフ

スーツの胸ポケットに入れる布のことです。

ti-fu

結婚式やパーティの際など、男性のフォーマルウェアには必須のものです(英国では)

色は白かネクタイの色に合わせるのがいいでしょう。

二次会では色柄を変えてアクセントにすると印象ががらっと変わります。

試してみてはいかがですか?

********************

いかがでしたでしょうか?

結婚式のマナーは地方によっても変わってきます。

しかし、基本的な事を押さえておけば大丈夫ですよ・

結婚式の洋服選びの参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ