221252

年末年始は会社の宴会や、友人との飲み会が増えてきます。

せっかく楽しい宴会でも悪酔いしてしまっては後で後悔してしまうことになりますよね。

そこで、悪酔いしない方法や飲む前に食べるもの。

空腹時の飲酒で悪酔いを防ぐために心がけておきたいことなどとまとめてみました。

参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク

悪酔いしない方法とは?

もともと日本人はお酒の弱い体質の人が多いと言われています。

人が本来持っている、アルコール成分を分解する「ALDH2」という酵素の働きが弱いひとが多いのです。

このタイプの人はアルコールの有害なアセトアルデヒトを分解出来ないために少量のアルコールでも悪酔いしやすいのです。

これは遺伝子による体質なので、周りの人に知ってもらい無理をしない飲み方をすることが大切ですよ!

ただ、そのような自覚のない方であっても、お酒の飲み方によっては悪酔いしてしまうので、注意しましょう。

[ad#ad-big]

注意することは?

*イッキ飲みしない・・・ガブガブと乾杯の勢いで飲んでしまうと酵素の代謝が追いつきません。

*お酒を飲む前にお水を飲む・・・お酒を飲む前にお水を飲むことで身体の負担を減らすことが出来ます。

*お酒の合間にジュースを飲む・・・柑橘系の果実が含まれているジュースはアルコールの分解を早めてくれます。

*アルコール度数の強いお酒を避ける・・・同じ量でもアルコール度数によって身体の負担は違いますので余り強いお酒は避けましょう。ウィスキーや焼酎は水割りにするなど薄めて飲むことをおすすめします。

*体調の悪い時はほどほどに・・・体調の悪い時は悪酔いしやすいので、控えましょう。

*チャンポンしない・・・アルコール量が同じであればお酒の種類は関係ありませんが、違うお酒を飲むことで口あたりが変わり飲み過ぎてしまいます。

スポンサードリンク

悪酔いしない為に食べるもの

肝臓の働きを助けてくれるのが、タンパク質です。

飲み会や宴会のある日のランチには動物性タンパク質の多い食事をしましょう。

動物性タンパク質は、肉・魚・卵・牛乳などの乳製品に含まれていますので、お酒を飲む日は心がけて食べましょう。

ダイエットしている人は野菜類を多くしてもいいですよ・

ビタミン類も肝細胞内の代謝をサポートしてくれるので、サラダ類などもプラスするようにしましょう・

赤身の肉や鶏胸肉、赤身のマグロなど、カロリー低めの食材にするなど、考えて食べることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

空腹の飲酒が悪酔いの原因にも?

117826

アルコールは、胃より腸で多く吸収されます。

胃にある程度食べ物を留めておき食べ物が、胃から小腸に移動する時間を長く取れるようにすることで、アルコールが小腸での吸収を遅らせることができます。

空腹状態でアルコールを飲んでしまうと胃や肝臓に負担がかかるだけでなく、お酒のまわりが早く酔ってしまいます。

宴会場でも、乾杯は一口だけにして、まずは食事をしっかり摂ってから飲むようにします。

その後も他人のペースに飲まれないように、少しずつ飲みましょう。

ちょっとした心がけで悪酔いを防ぐことができますよ^^

スポンサードリンク

まとめ

お酒はその人によっての適量があります。

でも、体調や飲み方によって「悪酔い」をしてしまい後て後悔してしまいますね。

特に会社の宴会や飲み会で悪酔いして、醜態を晒してしまうと身体の具合だけでなく、職場での印象まで変わってしまいます。

強く進められて、一気飲みしても後で大変な思いをするのは自分です。

楽しい気分で、良い飲み方をしてくださいね^^

[ad#ad-big]