喪中はがきはいつからいつまでにだすの?文面や書き方は?親族はどこまで?

アチャック 285*385

喪中はがきを受け取ることは多くても、自分自身が喪中はがきを出すとなると、いつ頃出したほうがいいのか迷いますよね。

喪中はがきの文面や書き方、そして喪中はがきを出す親族はどこまでと決まっているのでしょうか?

まとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

喪中はがき いつからいつまで

喪中はがきはいつからいつまでに出すのがいいのでしょうか?

喪中はがきは「来年の年賀状は出せませんのでお知らせします」と言うことを伝えるために出すものです。

毎年やり取りしている方に予め失礼にならないようにするためのものですね。

これを受け取った相手側は年賀状を出さないようにしますので、先方が年賀状の準備をする前に贈るのがマナーとなっています。

とは言っても、あまり早く送ると忘れてしまう可能性があります。

ですので、通常年賀状の準備にとりかかる前。

「11月中旬~12月上旬」に送るのが丁度いい時期ですね。

うっかりしてしまったとしても、毎年、年賀状の受付が12月15日となっていますので、遅くても12月15日までに届くようにしましょう。

もしも、12月に身内が亡くなってしまったなど、この期間に間に合わなかった時もあると思います。

そんな時は、年が明けて年賀状が届いた後に、年賀状の返信として寒中見舞いや挨拶状として送りましょう。

松の内が明けてから(1月7日過ぎ)の返信がいいですよ・

Sponsored Link

喪中はがき 文面 書き方

喪中はがきの文面と書き方で一般的な文章を集めてみました。

・喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。

・喪中につき、勝手ながら新年のご挨拶は差し控えさせていただきます。

・服喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます。

・喪中につき年頭のご挨拶を失礼させて戴きます。

などの後に

・父○○が本年◯月に〇〇歳にて永眠いたしました。

・◯月に母 ○○(享年〇〇歳)が永眠いたしました。

と誰が亡くなったのかを具体的に書きます。

そして、

・ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

・茲に本年中のご芳情厚くお礼申し上げますと共に明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

最後に

平成〇〇年十二月

などと日にちをいれましょう。

喪中はがき 親族 どこまで

一般的には、

一等身(父、母、夫、妻、子供)

同居している二等身(祖父、祖母、兄弟姉妹、孫)

となっています。

しかし、喪中の範囲や時期というのは、厳密に決められたものではありません。

・親しくしていたいとこが亡くなった

・大好きだった叔父が亡くなった。

・可愛がってくれた祖父母の兄弟

など、「新年に挨拶を控えて、喪に服したい」とお思うのであれば喪中はがきを出しても構いません。

お身内のどなたかが亡くなったことを伝える為に出す通知とは違いますので間違えないでくださね。

「今年は身内が亡くなり「おめでとう」という挨拶をする気持ちになれないので喪に服します」ということなのです。

まとめ

喪中はがきのマナーは先方が年賀状の準備をする前にだすのが理想です。

11月に入ったら準備をして、早めに送るのがいいと思いますよ・

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ