朝ごはんはりんごでダイエット!りんごの栄養と効果がすごい?

 

ce639a074db3560eb869885113bebef2_s

少し前に流行ったりんごダイエットが最近また注目を集めています。

そこで、朝ごはんをりんごにしてダイエットする方法や3日間りんごだけを食べるダイエットの方法もご紹介。

そして、リンゴに含まれるペクチンが、放射性物質のセシウム137の排出を促すと言われて、再び脚光を浴びています。

美味しいりんごの見分け方やそもそもりんごの驚くべき栄養と効能をまとめてみました。

Sponsored Link

りんごの栄養素

 0ea22c118d414408d10fe002ab711be1_s

りんごには様々な栄養成分が含まれています。

主な成分として、カリウム・ペクチン・ビタミンC・ポリフェノール・食物繊維

さらに、りんごの皮には3種類もの「ポリフェノール」が含まれています。

 

3種類のポリフェノールが抗酸化作用(人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化の要因となる活性酸素を抑える)を高くしてくれます。

 

このリンゴを毎朝1個から2個を食べるだけで、驚きの効果が期待できるんです。

 

カリウム・・・塩分排泄や利尿効果もあり、むくみの改善効果、腎臓病、高血圧の予防に効果があります。

ペクチン・・・消化物やコレステロールを体外に排泄。便秘や高血圧予防に効果があります。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きもある優れた成分です。最近では放射性物質のセシウム137の排出を促すと言われて注目されています。

ポリフェノール・・・りんごの皮に多く含まれ老化の敵である活性酸素の働きを抑制してくれるので生活習慣病の予防に役立ち、さらにお肌を若々しく保つ効果があります。皮にはポリフェノールがいっぱい!

 

他にも

りんごを毎日食べると血液がサラサラになる。
ガンのリスクが減らすことが出来る。
コレステロールが減ることで心臓病や脳卒中の予防になる
アレルギーの予防効果が期待できる

なんと素晴らしい~!

西洋では「りんごが赤くなると医者が青くなる」という諺があるほどです。

ダイエット以外にも魅力いっぱいです。

今が旬のりんごを毎日の生活に是非取り入れたいですよね。

Sponsored Link

りんごのダイエット方法

7f91778ed246b5cbe2741a3cc8aeb9ef_s

リンゴだけを3日間食べる(1食1~2個)

腸を掃除して体質改善しながらやせる、リンゴ以外は口にしないという断食タイプのダイエットです。

しかし、このダイエットは半断食と同じようなもの。

強い意志を持って実行しなければいけません。

もしどうしても短期間で痩せ得たい時におすすめのダイエットですが連休などを利用してゆっくり過ごせるように準備しましょう。

3日間りんごダイエットの参考サイト

✩1日のうち2食のみりんごあと1食はバランスの良い食事を摂る。

身体への負担は少ないが体重の減少も緩やかになります。

1食のみりんごにしたりすることで1日の総カロリーを抑えることができます。

「朝の果物は金」という言葉もあるほどですから、朝りんごが身体にいい事は間違いありません! 

食事の前にりんご半分を食べてから食事をする。満腹感があり、食事の量を減らすことができます。

自分の出来る方法でダイエットに取り入れてみるといいと思いますよ・・

美味しいりんごの見分け方

56d72e3d6a4393ac158839b35ad9ae9e_s

りんごはお尻を観てください。

蜜が入っているりんごはお尻が黄色いんです。
お尻の匂いをかぐと、甘い匂いがします。

 

今出てきているのは収穫したてですので、粒が普通でそれなりに色づいていればどれも美味しいですよ・

そして、食べるときに冷蔵庫で冷やした方が食感的に尚更美味しく感じます。

人気の高い「ふじりんご」の美味しいりんごの見分け方です。

まずはツルツルしているものよりも果実の表面がデコボコしているものを選びましょう。

表面にデコボコがあらわれるのは、ふじりんごの特徴です。

凸凹している方が美味しいのです。

 4a9b7e737ddeb60bd89d8e56334e0dc9_s

次に赤色が縞状に色づいているものを見分けてください。

赤いリンゴを良く見ると、縦に細く色濃い赤線がはいっています。

このような線がいくつも縞状に入っているのも、おいしいサインのひとつです。

ひっくり返してお尻が黄色く色づいてるものを選んでください。

リンゴはかならずしも頭からお尻までが真っ赤というわけではありません。

じつはお尻の部分が黄色くなっているものが、おいしいサインです。

尻の青いものはやめましょう(ふじの場合)。

青いものは葉緑素がまだ残っていて、完熟しているとはいえません。

尻の部分が黄色くなったものは食べごろのサインです。

しかし、つがるの場合は、黄色くなるまで待つと果実がぼけてしまいます

こちらは青いうちに食べるのがベストでしょう。

そして、つるの周囲のくぼみが深いものを選びましょう。

正常に育ったことを示しています。浅いものは、組織が一部死んでいるなどの異常が見られることがあります。

また、つるは太くあまりしおれていないものを選びましょう。

りんごをおいしくいただくには、冷やしてからいただくのが一番です。

どんな果物も冷えていたほうが美味しいものですが、りんごのそれには根拠があります。

 4fe1253c6009d85e3d93351e0b4f7f58_s

りんごのような果実の甘味成分は、ブドウ糖や果糖です。

このうち果糖にはα型とβ型があり、β型はα型の3倍も甘くなっています。

りんごを冷やすと、この果糖のα型が更に甘いβ型に変化するため、甘いと感じるだけでなく、本当に甘くなるので、よりおいしくいただくことができるのです。

逆に50度以上になると、今度は甘味が少なくなってしまいます。

りんごはすぐに食べきってしまったほうがいいですが、残ってしまった場合は、皮をむかずに切り口はそのままぴったりとラップにくるみ、空気に触れないようにして冷蔵庫に入れます。

りんごの切り口はそのままにしておくと褐色に変色します。

これは空気中の酸素によって酸化酵素が働き、りんごのタンニンなどのポリフェノール類やビタミンCを酸化させるためです。

薄い食塩水にりんごをつけて酸化酵素の働きを押さえましょう。

ただ長く漬けすぎると、ビタミンや無機質、糖分の栄養が水に溶け出してしまうので、注意が必要です。

りんごは、湿度を高くし、低温で呼吸をさせない状態におくと長く保存できますよ・

 

栄養効果の高いりんごを、美味しくいただいてダイエットに役立ててくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ