ルイボスティーおすすめの入れ方、効能に増毛や白髪対策も!

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

最近「ルイボスティー」が再注目を浴びています。

日本には数十年前に入ってきたそうで、カフェインが含まれていないことから子供から妊娠中の女性まで幅広く愛されています。

最近その効能で育毛や白髪にまで効果があるという嬉しい情報もあります。

そんなルイボスティーを水出しで飲む効果やおすすめの入れ方をまとめてみました。

Sponsored Link

ルイボスティの美味しさ

 

ルイボスティが注目されている理由はその効能が素晴らしいことです。

実は私も10年ほど前から飲んでいます。

子供がまだ小さかったのでノンカフェインで毎日飲めるお茶を探していた時にデパートの地下で見つけたのが始まりまです。

赤いきれいな色と濁りがないことや、味もほんのり甘く飽きない味だったので、毎日沸かして、冷蔵庫に入れて飲んでいました。

我が家にとって身近なルイボスティがこんなに素晴らしいお茶だったとは、ビックリします。

最近黒烏龍茶を沸かすことが多くなっていたのですが、ルイボスティの効能が凄いことがわかりましたのでまたルイボスティにしていこうと思っています^^

ルイボスティの原産は?

ルイボスティーは南アフリカのセダルバーヅ地方でしか栽培することができない豆科に属する針葉樹の葉を乾燥させたものです。

その高い抗酸化作用とバランスの良いミネラルが、細胞を活性化する作用があります。

南アフリカでは古くから、不老長寿の飲み物として飲まれていましたが、その優れた効能から世界各地に広まりました。

Sponsored Link

ルイボスティーの特徴と効能

特徴と効能

ノンカフェイン・・・子供から妊婦さん、お年寄りの方まで安心して飲めます。

赤い色・・・きれいな赤い色で濁りがありません。

優しい味・・・ほんのり甘さがあり、優しい味です。

増毛、白髪に効きめあり?

活性酸素はストレス・飲酒・タバコなど悪い生活習慣でも増えてしまいます。

増えすぎた活性酸素を分解しきれないと肌の老化、薄毛・脱毛にも繋がってしまうのです。

たくさんの酵素が含まれている「ルイボスティー」は、体内のSOD酵素も増やしてくれて育毛に良い事がわかってきました。

さらに、バランスよく含まれているミネラルが、弱っている毛母細胞を活性化してくれて、育毛効果が期待できるのです^^

そして、白髪にまで効くという理由もやはり抗酸化作用

細胞を老化させてシワやシミの原因になる活性酸素は、髪を黒くする働きのあるメラノサイトも弱らせてしまいます。

ルイボスティーの高い抗酸化作用が、体内にたまる活性酸素を取りのぞき、
メラノサイトを元気にして、黒髪を取りもどすためのサポートをしてくれるのです・・・すばらし~^^

また、髪を黒く色づけするには欠かせないミネラルが豊富なので、白髪の改善に繋がるのです。

お茶を飲んで髪のケアにまでなるなんて嬉しい効能ですね。

それではさらに見て行きましょう

女性に嬉しい効能

bihadaa

ルイボスティの一番の特徴は豊富に含まれるフラボノイド成分

万病の元とされる「活性酸素」を消去する作用があり、中でも「ケルセチン」は,アレルギーの方に嬉しい作用があるといわれています.

美肌効果(活性酸素を減らす効果で、シワ・シミ・ほうれい線・そばかす・抜け毛の軽減)

アンチエイジング効果(紫外線を浴びてしまった肌のダメージを減らしサポートしてくれる働きがあります)

不妊・妊活(ホルモンバランスを整えてくれることで、生殖器機能も整えてくれる)

便秘解消(代謝が良くなることで腸の働きが良くなる)

 男性に嬉しい効能

生殖能力アップ(ホルモンバランスを整えてくれることで、生殖器機能も整えてくれる)

加齢臭を消す(ポリフェノールの働きで過酸化脂質を減らしてくれます)

ストレス解消(「モノアミンオキシターゼ」によって、苛立ちやストレスなどが抑えられます)

髪を伸ばす

筋肉を作る

女性だけでなく男性にも嬉しい効能が沢山あるのですね^^

ルイボスティおすすめの入れ方

ルイボスティーはカップに熱湯を入れてティーバッグを入れる方法でもおいしく飲むことができます。

また、水出しで入れる方法は簡単ですが効能をより実感できるようにしたい場合は煮出して飲むのがおすすめです。

ルイボスティーは他のお茶と違って煮だしても濁りや苦味もでず、茶葉からしっかりその栄養素がでてきてくれます。

煮出し方法

ティーバッグを水に入れてそのまま沸騰させていきます

沸騰したらそこから20分程度煮出していきます

この時に薄めが良ければ水を多めにしましょう。濃いめが良ければ水は少なくしてくださいね。

そして重要なのは煮出し時間です。

煮出す時間が5分以下になると健康成分であるフラボノイドがあまり出ません。

しかし、20分も煮出すとかなり大量のフラボノイドが抽出されていきます

そしてティーバッグごと冷やすことで、さらにフラボノイドがでてきます。

ルイボスティーは煮出せばかなり効果が期待できるようになりますし、冷やすときにもティーバッグごとにすることで、さらに効果的になります。

まとめ

いかがでしたかルイボスティの効能を知っていくと是非取り入れたいと思うのではないでしょうか?

美味しく飲んであなたの健康にも役立ててくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ